ポーカートーナメントでの賭け方

ポーカーは複雑なサイエンスであり、完全に理解するためにはしっかりと研究する必要があります。ゲームのルールはシンプルかもしれませんが、トップの中のトップを目指すなら、毎日様々な戦略の研究や、数学的計算の訓練に多くの時間を費やして準備を積み重ねる必要があります。ここではベット額を完璧にコントロールし、劇的に勝率を高めるための方法をご紹介します。

 

初心者にありがちなミスの1つめは、自分の手札の強さでベット額を決めてしまうことです。ここで注目すべきは自分と相手のハンドのレンジ(範囲)です。プリフロップでのレイザーとして自分の手札を分析し、場のカードが自分のハンドのレンジならベットするのが正しい選択ということになります。なぜかと言えば、その場合は単純に相手がさらに強い手札を持っていることはないだろうと判断するのが賢明だからです。

いくらベットするのかを決めるには、その状況が自分のハンドレンジにどれだけ有利かを評価する必要があります。その状況で、ベットするのがよいという結論に至ったなら、できるだけ少ない額をベットするのが最善です。なぜかと言えば、ポーカーにおける大きな要素であるブラフを忘れてはならないからです。常に自分のハンドレンジを最大化させたいと思いがちですが、これはブラフの頻度によっては、大きなリスクになります。また、自分が勝てるという自信が大きければ大きいほど、相手の手札が良くない可能性も高まります。そこで大きくベットすれば警戒され、フォールドされて良い手札が無駄になってしまいます。

 

残念ながらこの1回だけであらゆる戦略を詳細に説明することはできませんが、いくつかの戦略をここでぜひご紹介したいと思います。

 

  • 場がドライなら、少額をベットする
  • 場がダイナミックに動いていたら、大きくベットするのはどんな時でも良い選択
  • ベット額を決める時は、スタックとポットの比率を意識する
  • ナットアドバンテージがある場合は、オーバーベットするのが好ましい
  • 経験の浅いプレイヤーがいると分かったら、プリフロップでのレイズ額を上げる。

ベット額についての話題をまとめるにあたって、戦略を立てる際にどこに注目すべきか、改めて繰り返しておきたいと思います。まず、レンジアドバンテージをしっかり見極めましょう。それができて初めて場の状況やプリフロップでのアクション、スタックの深さに注意を向けることができます。当然ながら理想的な戦略を立てるためには多くの要素が絡んできますが、今回の記事で読んだことを少しでも活かせれば、あなたの勝率は10倍に跳ね上がるでしょう。